Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

島根銀行、顧客情報2万7387件を紛失 - 虚偽報告も明らかに

島根銀行は、顧客情報計2万7387件を含む内部資料や帳票などの紛失が明らかになったと発表した。

今回の紛失事故は、8月から9月にかけて実施した自主点検の結果、判明したもの。実際に今回の調査で判明したのは1653件で、同行が2005年に実施した点検時に判明していた紛失件数も追加されている。同行では、2005年度の紛失件数を所轄官庁に対して紛失件数を22件と報告していたが、実際は34種類2万5734件に及んでいたという。

所在が不明となっているのは、預金残高一覧表や貸出金残高明細書など電算還元資料16種、その他帳票11種、その他個別資料など10種で、合計2万7387件の顧客情報が記載されていた。顧客名、口座番号、預金残高などが含まれており、一部資料には住所や電話番号も含まれる。

今回の原因について、他の不用書類とともに誤って廃棄処理された可能性が高いと結論付けている。

(Security NEXT - 2006/11/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Apache Tomcat」に情報漏洩のおそれ - 11月17日の更新で修正済み
政府行政ポータル「e-Gov」で個人情報が流出 - リニューアル後に複数不具合
特典発送で委託先が宛名シールを二重貼り、個人情報流出 - LINE
ランサム感染で顧客プログラム資産が流失した可能性 - システム開発会社
Xeroxの「DocuShare」に複数の脆弱性 - ホットフィクスをリリース
キャッシュレス決済連携でガイドライン - 全銀協
DNSサーバ「NSD」「Unbound」に脆弱性 - アップデートが公開
VMware製品の未修正脆弱性、パッチが公開に - CVSS値は下方修正
Synology製の複数製品に深刻な脆弱性 - 一部はパッチ未提供
eコマースシステム「EC-CUBE」に2件の脆弱性