Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

異常挙動を監視するセキュリティソリューション 「HUNTSMAN」

MONETは、ネットワークの異常挙動を自動検知して防御する「HUNTSMAN」を発売する。

同製品は、豪Tier-3が開発したネットワーク監視ソフト。通常の状態を学習することで異常挙動を検知するアノーマリ検知機能を搭載。既知だけでなく未知の脅威に対しても検知、防御することが可能。

インシデント発生時の指示や担当者の対応などを管理者へ通知するほか、ログの収集、分析機能も備えている。また、管理者向けにインシデントの管理レポートや、定期的なレポートも作成する。

(Security NEXT - 2006/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米親会社委託先にサイバー攻撃 - 希少疾患の製薬会社
未使用でも影響、7月修正の「IEゼロデイ脆弱性」 - 遅くとも5月に悪用
2Qはインシデントが約8.5%増 - フィッシングが増加
アカウント管理システムに侵害の痕跡、個人情報が流出 - 伊藤忠丸紅鉄鋼子会社
Dockerエンジンの認証プラグインに脆弱性 - CVSSは最高値だが悪用可能性は低
「BIND 9」にアップデート - DoS脆弱性4件を修正
Chromeのアップデートが公開 - セキュリティ関連で24件の修正
「MS Edge」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュ関連で10件の修正
特権アクセス管理製品「Symantec PAM」に複数脆弱性 - 「クリティカル」も