Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ10月度レポート - 「多重感染」の被害増加

トレンドマイクロは、2006年10月のウイルス感染被害レポートを発表した。マスメール型ワーム「STRATION」の感染報告や、「ゼロデイアタック」に関する報告が増えている。

同レポートによれば、10月の被害報告数は8800件で、先月の9398件から僅かに減少した。しかし報告数1位のワーム「STRATION」に関する報告は、先月の385件から563件と増えている。

同ワームは多くの亜種が発生しており、感染したコンピュータに新しい亜種をダウンロードするため、感染が見つかったコンピュータがすでに複数の亜種に感染している多重感染の例が増えているという。同社では、今後も同様の活動をするワームが発生する可能性があると分析している。

また10月には、マイクロソフトのInternetExplorer7やOffice2003 PowerPointに対する、未修正のセキュリティホールを狙った「ゼロデイアタック」が発生。月例パッチを公開直後を狙った攻撃が増えているとして、関連情報には注意するよう求めている。

(Security NEXT - 2006/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院
アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
さよなら「Adobe Flash Player」 - 年末でサポート終了
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
2020年度上半期、個情委への個人情報漏洩報告は481件
「羽生結弦カレンダー」通販サイトに不正アクセス - 詳細調査中
政治資金収支報告書の領収書写しを紛失 - 大阪府選管
メールセキュ製品「InterScan Messaging Security」に複数の脆弱性
火災調査関連の個人情報含むHDDを紛失 - 弘前地区消防事務組合
被保険者や求職者情報含むバックアップ媒体を紛失 - 厚労省