Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ10月度レポート - 「多重感染」の被害増加

トレンドマイクロは、2006年10月のウイルス感染被害レポートを発表した。マスメール型ワーム「STRATION」の感染報告や、「ゼロデイアタック」に関する報告が増えている。

同レポートによれば、10月の被害報告数は8800件で、先月の9398件から僅かに減少した。しかし報告数1位のワーム「STRATION」に関する報告は、先月の385件から563件と増えている。

同ワームは多くの亜種が発生しており、感染したコンピュータに新しい亜種をダウンロードするため、感染が見つかったコンピュータがすでに複数の亜種に感染している多重感染の例が増えているという。同社では、今後も同様の活動をするワームが発生する可能性があると分析している。

また10月には、マイクロソフトのInternetExplorer7やOffice2003 PowerPointに対する、未修正のセキュリティホールを狙った「ゼロデイアタック」が発生。月例パッチを公開直後を狙った攻撃が増えているとして、関連情報には注意するよう求めている。

(Security NEXT - 2006/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
個人情報含む書類を市サイトに誤掲載 - 尼崎市