Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不審者や不審物を検知したらアラーム - アイティフォーの監視システム

アイティフォーは、犯罪防止をコンセプトとした監視システム「ナイスビジョン」を発表した。

従来システムでは、事件発生後に監視カメラで犯人の確認が行われることが多いが、同システムでは、不審者や不審物へ事前に検知するコンセプト「インテリジェント・セキュリティ・サイクル」へ沿ったものとなっている。

「インテリジェント・セキュリティ・サイクル」では、モニターにより不審者など発見する「検知」や、検知した人物や物体の現れた映像の「確認」、警備員を派遣する必要性の「解析」などを実施、不審物などを統計を取る「調査」、統計を元とし、再発を防止する「改善」の5つで成り立っているという。

同社はこのコンセプトを実践することにより事件の発生する可能性を低く抑えることができるとし、年間25セットの販売を目指すという。

(Security NEXT - 2006/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイトが改ざん被害、情報流出は否定 - 秋田県立医療療育センター
「WooCommerce」向けフィルタプラグインに脆弱性
食肉通販サイトが不正アクセス被害 - 顧客情報を外部送信
実証実験サービスのサーバに攻撃、一部従業員情報が流出 - リクルート
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュ関連で10件の修正
CTFイベント「SECCON 13」、今秋に予選 - 決勝は2025年3月
民生委員が高齢者名簿を紛失、10カ月以上前に - 行田市
先週注目された記事(2024年7月7日〜2024年7月13日)
侵害調査で個人情報の一部流出を確認 - 住友重機械工業
複数問合の同時並行対応で添付ファイルを取り違え - 大阪市