Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キヤノンの一部コピー機に不具合、発火のおそれ - 無償点検を実施

キヤノンは、1987年から1997年までに販売したコピー機に一部不具合が見つかったとして点検や不具合があった部品の交換を実施すると発表した。

不具合が発生したのは、同社製コピー機「PC7」「PC80」「PC100」の3機種。同社によれば、「極めて稀な現象」だが、配線コネクターが正しく接続されていない状態で長期間にわたって使用した場合、発火や発煙のおそれがあるという。

対象機種は、合わせて約14万台が市場に流通しており、同社では無償で点検を実施し、一部部品の無償交換を実施する。同社では、社告やウェブサイト、電話などにより注意を呼びかけている。

キヤノン
http://canon.jp/

(Security NEXT - 2006/09/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カステラ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
AOSデータ、ドローンのフォレンジックサービスを開始
小学校で児童個票が所在不明に - 名古屋市
経産省の中小企業支援サイトで個人情報が閲覧可能に
違反取締計画が流出、複数SNSに投稿 - NEXCO西日本
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
支援学校で生徒の一部教育支援計画が所在不明に - 大阪府
ランドブレインのランサム被害、総務省3事業でも個人情報流出の可能性
メールアカウントに不正アクセス、情報流出の可能性も - デンヨー
ツール設定ミスで採用関連の個人情報を誤公開 - ソフト開発会社