Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

持ち出しデータのWinny経由による流出を防止「DeviceLock Winny対策パック」

プロトンとイーディーコントライブは、情報漏洩対策ソリューション「DeviceLock Winny対策パック」を9月1日より発売する。価格は10万3500円(5ライセンス)。さらにライセンス数を拡大したパッケージも用意している。

同製品は、プロトンのデバイスアクセス制限ソフト「DeviceLock V5.7」とイーディーコントライブの暗号化USBフラッシュメモリ「Safety Disclosure Container FW」をバンドルしたパッケージ。

「Safety Disclosure Container FW」は暗号化機能を搭載したUSBメモリで、「DeviceLock」により、社内のクライアントPCについて、アクセスできるデバイスを同メモリのみに制限することで、暗号化されていないデータの持ち出しを防止する。

さらに同USBメモリには、Winny対策機能を搭載。同機能では、Winnyがインストールされたパソコンでは、暗号化されたデータの復号を防止できるため、Winny経由の情報漏洩を防止できるという。

また、Winny検出機能を搭載していない「DeviceLock情報保護パック」も同時にリリースする予定。

(Security NEXT - 2006/08/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2要素認証未対応決済サービスへのチャージを停止 - ゆうちょ銀行
「ドコモ口座」経由の不正引き出し、あらたに2件が判明
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
地ビール通販サイトに不正アクセス - 偽画面でクレカ情報窃取被害
不正アクセスでスパムの踏み台に - 東松山市社会福祉協議会
ウォレットサービス「Kyash」で複数連携金融機関より不正チャージが発生
連携決済サービス12社のうち6社で被害 - ゆうちょ銀
「Adobe Media Encoder」に3件の脆弱性 - アップデートが公開
決済サービス「Bank Pay」の新規口座登録が停止 - 本人確認を強化
脆弱性「Zerologon」でドメイン管理者権限奪取のおそれ - 詳細明らかに