Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

老舗メーラー「Eudora」の最新版が登場 - 誤送信防止機能などを追加

ソニック・ソルーションズは、誤送信防止機能やウェブ検索機能、自動メールボックス整理機能などをあらたに追加したメールソフト「Eudora 7J for Windows」を、7月14日より発売する。

同製品は、迷惑メール振り分け機能や、フィッシング詐欺対策に有効なURLチェッカー機能などが備えたメールソフト。今回発売となる最新版では、メール送信時に事前に登録しておいたアドレスが含まれていた場合に警告を表示する「ウッカリ送信防止機能」が追加された。

また、メールの本文中の言葉をウェブ、辞書、翻訳、地図、DVDレンタルなどのジャンルから検索できる「Web検索機能」や、メールボックスに溜まった古いメールを自動で整理する機能などもあらたに搭載された。価格は、パッケージ版が8379円。ダウンロード版は6090円。

(Security NEXT - 2006/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Chrome、前回リリースから3日で再度アップデート - 3件のセキュリティ修正
CSIRTの業務支援サービスを開始、フォレンジック調査も - MIND
統計調査員が調査関係書類を紛失 - 加古川市
「JAPANSecuritySummit 2022」、10月24日よりオンデマンドで開催
バッファロー29製品に脆弱性、「FREESPOT」機器も - アップデートの実施を
「Apache Tomcat」に情報漏洩の脆弱性 - 4月のアップデートで修正済み
2022年2Qのクレカ番号盗用被害、はじめて100億円を突破
「WhatsApp」に深刻な脆弱性 - ビデオ通話でコード実行のおそれ
「JPAAWG 5th General Meeting」、11月にハイブリッド開催
ダークウェブで個人情報流出を確認 - ダイナムJHD