Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

老舗メーラー「Eudora」の最新版が登場 - 誤送信防止機能などを追加

ソニック・ソルーションズは、誤送信防止機能やウェブ検索機能、自動メールボックス整理機能などをあらたに追加したメールソフト「Eudora 7J for Windows」を、7月14日より発売する。

同製品は、迷惑メール振り分け機能や、フィッシング詐欺対策に有効なURLチェッカー機能などが備えたメールソフト。今回発売となる最新版では、メール送信時に事前に登録しておいたアドレスが含まれていた場合に警告を表示する「ウッカリ送信防止機能」が追加された。

また、メールの本文中の言葉をウェブ、辞書、翻訳、地図、DVDレンタルなどのジャンルから検索できる「Web検索機能」や、メールボックスに溜まった古いメールを自動で整理する機能などもあらたに搭載された。価格は、パッケージ版が8379円。ダウンロード版は6090円。

(Security NEXT - 2006/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

中学校で災害共済給付制度の同意書が所在不明に - さいたま市
アプリに個人情報が表示、システム不具合で - 愛知県内CATV局
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
みそ通販サイトの侵害、ログイン用PWも流出した可能性
ドメイン名やDNSを学べる漫画冊子を教育機関に無償配布 - JPRS
メルマガ配信委託先に不正アクセス、スパム配信される - 全国公立文化施設協会
「Junos OS」に実装される「OpenSSH」の脆弱性について説明 - Juniper
ヘッドレスCMS「Cockpit」に任意のファイルをアップロードできる脆弱性
Fortinet、アドバイザリ18件を公開 - 複数製品の脆弱性に対応
SAP、5月の定例パッチを公開 - 重要度高い脆弱性などを修正