Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ぷららがWinny遮断サービス - ユーザー選択方式で「通信の秘密抵触問題」を回避

ぷららネットワークスは、同社が提供する一部ISPサービスにおいてWinnyの通信機能を遮断するサービスを7月19日より提供する。

同社では、3月にWinnyの接続を遮断するサービスを発表したが、総務省より通信の秘密に抵触するおそれがあるとの見解を受け、提供を見合わせていた。

今回、Winnの通信を一様に遮断するのではなく、無料オプションサービスとして提供することで問題をクリア。フィルタリングサービス「ネットバリアベーシック」の「Winnyフィルタ」として同社のBフレッツ利用ユーザーに提供する。

標準サービスとして提供されるため、デフォルト設定ではオンとなるが、ユーザーの希望により解除することが可能。

また、新たに「企業向けネットワークスポンサー制度」を用意。企業が社員のBフレッツ対応サービスの一部を「スポンサー」として負担することで、同サービスにおけるWinnyの通信を遮断するもの。スポンサーを行う代わりに社員個人の希望ではWinnyの接続遮断を解除できないという。

同サービスを利用した場合、社員にとって接続費用の一部が企業によって肩代わりされるため、ぷららでは賛同が得られやすいのではないか、としている。

(Security NEXT - 2006/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

商品の入荷を通知するメールで誤送信 - 化粧品メーカー
Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
展示会の案内でメアド流出 - 中部経済新聞社
偽「Amazon」からのSMSに警戒を - 不安煽るさまざまな文面
新コロ被検査者名簿を一時紛失、ドライブスルー検査で飛散 - 名古屋市
公共施設予約システムへの不正ログイン試行で告訴 - 川崎市
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
建築関係者向け書籍サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査