Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

書類発送時に他の顧客情報が誤混入 - 中部テレコミュニケーション

中部テレコミュニケーションは、同社顧客へ書類を送付する際に他顧客の個人情報が混入する事故が発生したと発表した。

顧客の指摘により判明したもので、5月2日に同社ISPサービス「コミュファ」の申込者へ内容確認の通知書を発送した際、3通に異なる顧客の情報が誤って混入したという。発送の際、時間がないことからチェック漏れが原因だとしている。

書類には、氏名や住所、メールアドレス、ID、パスワード、申し込み内容などが記載されていた。同社では訪問した上で事情を説明。パスワードやメールの変更を依頼したという。

(Security NEXT - 2006/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple、「iOS 17.5」などスマートデバイス向けにアップデートを公開
セガ子会社のメールアカウントの侵害、 あらたに3件判明
サーバ管理ソフトウェア「Froxlor」にXSS脆弱性 - 乗っ取りのおそれ
個人情報含む社内向けテストメールを外部へ誤送信 - M&Aクラウド
自宅で業務のため持ち出したUSBメモリを紛失 - 静岡県
ECサイトで個人情報流出、クレカ不正利用の可能性 - 松井酒造
CrowdStrike、「Microsoft Defender」との併用製品を投入 - 「破格の料金」と自信
MS 365アカウントに不正アクセス、個人情報流出の可能性 - セガ子会社
「macOS」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正した。
米当局、「Chromium」の脆弱性悪用に警鐘 - 派生ブラウザでも注意を