Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報入りPCが空き巣被害に - 大阪の附属病院

関西医科大学附属滝井病院は、看護職員の自宅が空き巣被害に遭い、患者248名分の個人情報が保存されたパソコンが盗まれたと発表した。

被害に遭ったのは職員の私用パソコンで、集中治療室に入院した患者248名分の氏名、生年月日、ID番号などが記録されていた。同職員が学会で発表するためにデータを保存していたという。同病院では所轄の保健所や大阪府に報告するとともに、該当する患者に謝罪を始めている。

今後は個人情報の管理体制を強化して、再発防止に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2006/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

年末年始に個人情報の紛失3件が判明 - 大阪市
情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド
緊急事態宣言の再発令に早くも便乗、「特別定額給付金」フィッシングに注意
ソフトバンク元従業員が逮捕 - 技術情報を転職先に持ち出しか
対象地域拡大する緊急事態宣言、テレワーク実施時はセキュ対策徹底を
SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処
「UCカード」利用者狙うフィッシング - 利用状況確認とだます手口
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
「Apache Tomcat」にソースコード漏洩のおそれ - 11月更新版で修正済み
セキュリティ人材育成や流動化で協業 - JTAG財団とJNSA