Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報入りPCが空き巣被害に - 大阪の附属病院

関西医科大学附属滝井病院は、看護職員の自宅が空き巣被害に遭い、患者248名分の個人情報が保存されたパソコンが盗まれたと発表した。

被害に遭ったのは職員の私用パソコンで、集中治療室に入院した患者248名分の氏名、生年月日、ID番号などが記録されていた。同職員が学会で発表するためにデータを保存していたという。同病院では所轄の保健所や大阪府に報告するとともに、該当する患者に謝罪を始めている。

今後は個人情報の管理体制を強化して、再発防止に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2006/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

クラウド誤設定、キャンペーン応募者情報が参照可能に - 阪神タイガース
DLP製品のログ解析による中小企業向け内部不正監視サービス
クラウド環境などでログ収集に活用される「Fluent Bit」に脆弱性
WordPressよりスマホアプリを構築するプラグインに脆弱性
生徒の個人情報含む医療費支払請求書類が所在不明 - 東京都
美容室向け通販サイトに不正アクセス、個人情報流出の可能性
無許可の患者情報持ち出し、サポート詐欺被害から発覚 - 近大病院
悪用脆弱性リストに医療データ連携ソフト関連など2件が登録 - 今月5度目の追加
個人情報含む添付書類を紛失 - 瑞浪市消防本部
関係者の個人情報含むファイルをメールに誤添付 - 日本学術振興会