Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シンクライアント端末の操作を記録「ESS REC for Presentation Server」

エンカレッジ・テクノロジは、シンクライアント端末の操作状況をサーバ上で記録する「ESS REC for Presentation Server」を発表した。2月上旬より販売を開始する。

同製品は、Citrix Presentation Server上のアプリケーションの操作内容を記録するもので、情報漏洩などが発生した場合の原因究明などに活用できる。IPアドレスやユーザー名、コンピューター名、時刻はもちろん、画面の動画や画面表示文字、マウスやキーボード操作、通信ポートの状態の記録にも対応した。また、記録データは暗号化されて保存され、改ざんなども防止する。

(Security NEXT - 2006/01/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

偽通販サイトが出没、正規サイトから画像や文章を盗用
東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か
コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
ハウスクリーニングのマッチングサイトに不正アクセス
日本シーサート協議会、オンラインカンファレンスを開催 - 未加盟でも参加可
ATMの取引情報を記録したCD-Rを紛失 - 北都銀
「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消