Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

イニシア、PCの稼動状況を監視して不正利用を抑止するソフトを発売

イニシアは、パソコンの稼動状況を監視してログを記録、保存することにより、不正利用の抑止を図るソフト「Golden Eye5.0」を、2005年7月8日より発売する。

同製品は、パソコン本体における利用アプリケーションを始め、ウェブサイトへのアクセス、キーボードストローク、ファイルおよびフォルダ操作といった稼動状況を監視し、ログを記録、保存するソフト。監督者が操作の実態を監視、把握することにより、不正利用の抑止効果が期待できる。

キーワード機能を使用することにより、任意の単語が入力された時点でソフトが起動し、監視を開始する。これにより、効率よく履歴を保存することができる。また、企業だけではなく一般家庭での利用も想定されているため、操作が簡単になっているという。価格は、パッケージ版が9240円。ダウンロード版が7140円となっている。

(Security NEXT - 2005/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スポーツクラブNASのサーバ2台がランサム被害 - 「暗号鍵」特定されて侵入
「Amazonプライムデー」の便乗攻撃に警戒を - わずか1カ月で関連ドメイン2300件が新規登録
「Chrome」にアップデート、ゼロデイ脆弱性を修正
メルマガを誤送信、会員のメアド流出 - 店舗装飾シールショップ
仮想デスクトップがマルウェア感染、メール流出の可能性 - パラマウントベッド
「JETRO」のなりすましメールに注意 - 役員名乗るケースも
放課後児童クラブの関係者宅で児童リストなどが盗難被害
カフェ関連商品を扱う通信販売サイトに不正アクセス
ネットリスクを学べる高校生向けの無償教材
「Azure Defender for IoT」のリモート監視サービスを提供 - 東芝ITサービス