Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富山第一銀、3685件の顧客情報が記載された書類を紛失

富山第一銀行は、6月8日に、投資信託の利用顧客3685件分の個人情報が記載された書類の紛失が判明したと発表した。

同行によれば、紛失したのは投資信託取引における2004年10月分の顧客勘定元帳と有価証券明細簿で、投資信託の取り引きをしている顧客3685件分の取引銀行名、氏名、銘柄名、数量、残高、支払額、入金額といった取引内容を含む個人情報が記載されていた。

同行の調査によれば、紛失した書類は2004年11月17日に行内で誤って廃棄焼却した可能性が高いという。同行では、該当する顧客に対して事実説明と謝罪を行うとともに、再発防止に向けて、顧客情報を含む書類の保管および管理における行内体制の見直しを行い、チェック態勢の再徹底を図るとしている。

(Security NEXT - 2005/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サーバが攻撃の踏み台に、CMS導入ファイル狙われる - 茨大工学部同窓会
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
新幹線オフィスの実証実験、画面覗き見対策や会話の保護も
「エポスカード」を装うフィッシング攻撃 - 利用確認装う手口
電子たばこ通販サイトに不正アクセス - 偽決済フォーム設置される
KADOKAWAの海外子会社に不正アクセス - ランサムウェアか
職員アカウントが海外より不正アクセス、スパムの踏み台に - 尚絅学院大
「サンリオピューロランド」の運営会社サイトに不正アクセス
「vCenter Server」脆弱性、実証コード公開済み - 5月28日ごろより探索も
体育教室の生徒情報含む書類を家庭ゴミとして廃棄 - 河合楽器