Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CA、企業向けスパイウェア専用対策ソフトを発売

コンピュータ・アソシエイツは、企業向けスパイウェア専用対策ソフトウェア「eTrust PestPatrol Anti-Spyware Corporate Edition r5.0.2」を、2005年6月21日より発売する。

同製品は、スパイウェア、アドウェア、キーロガーなどの悪意あるソフトウェアを検出し、完全に隔離、削除するもの。12万種を超えるスパイウェアの検出が可能な専用のスキャンエンジンを搭載しており、同社の「スパイウェア情報センター」から常時最新のスパイウェア情報を取得できるため、多様に拡大するスパイウェアの脅威から企業の情報資産を保護することができる。

導入、設定からスパイウェアの検出、削除、隔離、監視といった機能は一元化された管理コンソールで行うため、クライアント側での操作や設定は必要ない。価格は、100ユーザー以上の場合で1ライセンス当たり3450円から。

(Security NEXT - 2005/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PC2台に不正アクセス、マルウェア感染も - 日本通運
患者撮影データ含むPCが所在不明に - 松下記念病院
フィッシングの注意喚起を装う「フィッシングメール」
「Cisco NX-OS」に6件の脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
送信先顧客リストをメールに誤添付 - NTTデータ数理システム
中学校で遠足指導中に生徒名簿を紛失 - 横浜市
クラウド設定不備による情報流出は発生せず - freee
メール送信ミスで歯科医師のメアド流出 - 科研製薬
1月のフィッシングサイト、前年同月の倍に - 6割弱が偽ECサイト
テレビ通販サイトに不正アクセス - 関西テレビ関連会社