Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JOMOカードに不正使用の形跡 - 一部店舗から漏洩か

ジャパンエナジーは、同社が発行しているクレジットカード「JOMOカードプラス」のカード番号がインターネット上で不正使用されていたと発表した。

5月21日から6月5日までの間に発生しており、26会員分だっただった。提携カード会社のトヨタファイナンスの調査により判明したもので、なりすましによる不正使用などが行われた形跡があるという。現時点では、顧客へ請求するといった事態は発生していないとしている。

いずれも都内同一店舗で入会受付したもので、住所や電話番号が不正使用されていることから,カード会員情報が漏洩している可能性が高いという。

同社では、警察へ報告、今後は対策本部を設置し,提携カード会社と原因究明に取り組む予定。現時点では、不正使用されたカードの受付店舗が限定されているため、会員情報の保管や廃棄状況やアクセス状況を中心に調査を進めている。

同社では、同店で入会したJOMOカードプラス会員74名に対して,新しいカードの発行手続きを実施するほか、厳重な管理を指導徹底するとしている。

(Security NEXT - 2005/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache CloudStack」でSAML認証をバイパスされるおそれ
「サポート詐欺」の相談が3割増 - 過去最多を更新
特権アクセス管理製品「Symantec PAM」に複数脆弱性 - 「クリティカル」も
省庁や独法などの攻撃対象領域保護を実施 - NISC
冊子発送先の個人情報を郵便局へ誤送付 - CCNC
2Qの脆弱性届け出は112件 - 前四半期から半減
高校生向けセミナーの申込フォームで設定ミス - 岩手県立大
6月のフィッシング、URL件数が過去最多を更新
障害はWindows端末の1%未満、重要サービスでの利用多く影響拡大
「OpenVPN」に「OVPNX脆弱性」 - 3月の更新で修正済み