Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

沖電気、異常トラフィックの検知から対処までサポートする監視システムを開発

沖電気は、企業内ネットワークの異常トラフィックを検知し、適切な対処を行う機能を備えたトラフィック監視システム「Secure Traffic Probe Version1.5」を開発した。発売は7月末を予定している。

同製品は、アプリケーション別トラフィック計測機能、ワームに感染した場合の異常トラフィック検知、およびトラフィック分析やトラブルシューティング時に便利な詳細表示機能などを備えた、トラフィック監視システム。さらに、異常トラフィックを検出した時点での詳細データを自動保存するスナップショット機能と、異常トラフィック検知時の警告メッセージを検索する機能があらたに追加された。

また、セキュリティアプライアンスサーバ「SecApPlat」や情報漏洩対策システム「CWAT」と連携することにより、ワームの感染元や異常トラフィックの送信元となったPCの強制シャットダウン、および通信遮断、ネットワーク閉鎖などの対処を、自動で行うことが可能になった。標準価格は、スタンダードモデルが105万円から。

(Security NEXT - 2005/05/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ソースコードに利用者のメールアドレス - ウェブ本棚サービス
「ドコモ口座」の一部利用者に対して本人確認実施 - NTTドコモ
無関係の取引先情報含むこと気づかずファイルを誤送信 - 日本郵便子会社
就職相談予約した学生情報が閲覧可能に - 九大
新潟県で偽国勢調査員による「かたり調査」が発生
交付前のマイナンバーカード2枚が所在不明に - 茂原市
2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
偽通販サイトが出没、正規サイトから画像や文章を盗用
東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か