Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイクロソフトからのお知らせを装ったウイルスメールに注意

トレンドマイクロは、マイクロソフトからのセキュリティ情報を装い、添付ファイルを開かせて感染するウイルス「TROJ_VIPERIK.A」に注意を喚起している。

同ウイルスは、「トロイの木馬」に分類される不正プログラムで、電子メールの添付ファイルとしてコンピュータに侵入する。感染すると、コンピュータ内のファイルを削除したり、特定のアドレス宛てに大量のメールを作成して、コンピュータの動作を低下させる。

メールの差出人は「Microsoft.ServicePack.Team. <ID番号>」で、件名は「WindowsSPについての重要なお知らせ」となっている。本文には、「より強固なセキュリティ環境を確立し、PCをコンピュータウイルスやハッカーなどから守るために役立つ機能を提供します」とあり、添付ファイルを開かせようとする。同社では、危険度や感染力は「低」としているものの、ダメージ度は「高」として注意を促している。

(Security NEXT - 2005/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 6月のアップデートで修正
「Node.js」のセキュリティアップデート、再び延期に
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「MongoDB」向けGUIにコードインジェクションの脆弱性
先週注目された記事(2024年6月30日〜2024年7月6日)
「HTTP File Server」に深刻な脆弱性 - アップデートで修正
講演会応募者に対する通知メールで送信ミス - 所沢商工会議所
全学生の個人情報を海外協定校へ誤送信 - 上智大
中学校で答案用紙などを紛失、成績には影響なし - 一宮市
地理空間データ共有OSS「GeoServer」にRCE脆弱性 - アップデートの実施を