Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ボーダフォンの申込書が公園で回収される - 流出経路は特定できず

ボーダフォンとソニーマーケティングは、ボーダフォンの機種更新申込書控えを紛失し、回収した経緯について発表した。

ボーダフォンでは、ソニーマーケティングに携帯電話販売を委託しており、ソニーマーケティングが保管していた146件の個人情報が記載された申込書が名古屋市内の公園にて5月5日に回収されたという。両社は漏洩した経緯を調査しているが、詳細な状況は特定できていないという。

申込書は、機種変更の申込書で、氏名、連絡先、携帯電話関連情報のほか、印影も記載されていたという。通常施錠管理されているという。該当する顧客に対して事情を説明し、個別に謝罪したという。

(Security NEXT - 2005/05/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、ブラウザ最新版「Chrome 108」をリリース - 複数脆弱性を修正
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
栄養士採用試験の全申込者受験票を1人に誤交付 - 大阪市
取引先の担当者情報含むファイルを誤送信 - リクルート
庁内資料を持ち出して店舗で誤廃棄、職員を処分 - 川崎市
LEDライト通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
教員アカウントに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 創価大
Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
「BIGLOBE」に見せかけ、請求メールに見せかけたフィッシング攻撃