Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京電力、顧客情報が記載された口座振替払申込書49枚を紛失

東京電力は、3月11日、東京支店口座振替手続きセンターにおいて、顧客情報が記載された「電気料金等口座振替払申込書」計49枚を紛失したと発表した。

紛失した申込書は、口座振替払申込書の登録処理を委託している関連会社が、電気料金の口座振替払い申込を受付登録したもの。3月11日に一部の処理が完了していないことが判明したため、金融機関に問い合わせたところ、49枚の申込書が届いていないとの回答があった。

その後事務所内を捜索したが見つからず、警察へ遺失物届を提出した。経緯を検証した結果、同申込書を誤って裁断処分する書類などに混在し、処分してしまった可能性が高いことが判明したという。

同社では、申込書が社外へ持ち出された可能性は低いとみている。しかし被害に遭った顧客に対しては、個別に訪問して謝罪し、事情説明を行っているという。

(Security NEXT - 2005/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

再委託先における2023年2月のランサム被害を公表 - 国交省
「PAN-OS」脆弱性の詳細や悪用コードが公開済み - 攻撃拡大のおそれ
募金サイトで他人クレカ番号による少額寄付 - 利用できるか確認か
「PAN-OS」脆弱性、攻撃条件を修正 - 一部緩和策が「効果なし」に
Oracle、「Java SE」に関する脆弱性13件を修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - のべ441件の脆弱性に対応
メール誤送信で横断幕掲示応募者のメアド流出 - 飯塚オートレース場
WordPress向けプラグイン「InstaWP Connect」に脆弱性
Windows環境下の複数開発言語に脆弱性「BatBadBut」が判明
LINEヤフーに再度行政指導 - 報告受けるも対応や計画不十分