Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「遺伝子型」検知技術を統合したセキュリティソリューション - ソフォス

ソフォスは、あらたに開発した「遺伝子型」検知技術を統合したエンタープライズ向けセキュリティソリューションを発表した。

セキュリティソリューションは、クライアントへの一括配布やセキュリティポリシーの集中管理を行えるコンソール「Sophos Enterprise Console」や自動アップデートツール「Sophos EM Library」、アンチウイルスソフト「Sophos Anti-Virus」、メールゲートウェイ用ソフト「Sophos PureMessage for Windows/Exchange」「Sophos MailMonitor for SMTP」などで構成される。

「遺伝子型」技術では、科学的な分析方法を採用、ウイルスの亜種やスパムキャンペーンなどに含まれる特性のある問題コードを特定できる。パターンを分析することで、未知の脅威や不適切なコンテンツなどを検知し、未然に被害を防止できるとしている。

(Security NEXT - 2005/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「BIG-IP」脆弱性に注意 - 実証コード公開済み、探索や悪用も
患者情報含む私物PC、電車へ置き忘れ紛失 - 順天堂医院
ブラザー会員サイトで不正ログイン、P交換被害も - 3月末からアクセス急増
「Chrome 101.0.4951.64」がリリース - 13件のセキュリティ修正を実施
コロナの自宅療養証明書を異なる住所へ誤発送 - 静岡県
しまむら、サイバー攻撃でシステム障害 - 全店舗の一部サービスに影響
脆弱性管理避けられぬOSS、経産省が事例集を拡充
Adobe、「Framemaker」「InDesign」など5製品でセキュリティ更新
2021年に悪用多かった脆弱性トップ15 - 首位は「Log4Shell」、VPNも引き続き標的に
MS、5月の月例パッチで脆弱性73件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正