Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

UFJカード、33件のフィッシング詐欺被害が発生

UFJカードは、2004年9月から10月にかけて同社クレジットカードが偽造される被害が発生したと発表した。

同社によれば、ルーマニアなどにおいてクレジットカード33名分が偽造され、そのうち8名のクレジットカードにて「キャッシング」により、借り入れが行われたという。被害総額は約150万円。同社では、調査の結果、偽造カードの情報は、「フィッシング詐欺」により不正に収集、作成されたものとしている。

同社は、不正なクレジットカード利用を検知するシステムを用いて、盗難や偽造されたクレジットカードの不正利用を常時モニタリングしており、盗難されたクレジットカードによる不正利用は、顧客の負担にならないように対応している。偽造による被害ついても、盗難被害と同様の対応となる。

同社では、メールにて「カード番号」「有効期限」「暗証番号」の入力を依頼することはないとし、そのようなメールを受信しても、メールへ返信したり、ホームページへのログインなどしないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2005/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

会員管理システムにサイバー攻撃、情報流出の可能性 - 日本栄養士連盟
米政府、ソフトウェアサプライチェーン保護のガイダンスを公開
Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装
職業訓練生が教室に置き去られた名簿をスマホ撮影 - 群馬県
公開資料の個人情報、墨塗りするもはずせる状態 - 琉球大
関連機関サイトに不正アクセス、CMSに不正プラグイン - 富山県立大
宣伝会議、不祥事ランキングを公表 - 求められる迅速な誠意ある対応
ビルシステムのセキュリティ対策カタログをリリース - CSSC