Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

北陸総合通信局、参加費無料の情報セキュリティセミナーを開催

総務省北陸総合通信局と北陸テレコム懇談会は、情報セキュリティの理解を深めるため「情報セキュリティセミナー」を2月21日に共催する。参加費用は無料。

インターネットや携帯電話などの情報通信手段の多様化、ブロードバンド環境の普及、電子商取引の発達による情報通信の高度化が進み、情報通信ネットワークのリスクが増大している。同セミナーでは、個人情報保護法の全面施行を機に、情報セキュリティマネジメントの必要性や、コンピュータウイルスへの対策に関する講演を提供する。

▼セミナータイトル
情報セキュリティセミナー

▼開催日
2005年2月21日 13時30分?16時00分

▼会場
KKRホテル金沢

▼内容
情報セキュリティマネジメントの必要性(仮題)
最新のコンピュータウイルスの脅威とその対策(仮題)

▼主催
総務省北陸総合通信局
北陸テレコム懇談会

▼参加費用
無料

▼講師
石井秀明氏(トーマツエンタープライズリスクサービス部マネジャー)
小屋晋吾氏(トレンドマイクロ戦略企画室長)

▼定員
100名(定員になり次第締切)

▼申込方法
電話、FAX、電子メールのいずれか
(セミナー詳細URL参照のこと)

(Security NEXT - 2005/02/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバやパソコンにサイバー攻撃 - JR西日本関連会社
ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
ネットバンクの不正送金被害が激増 - 前年同期の約40倍に
スルガ銀のフィッシングに注意う- 本人確認を求める手口
SIA、「ファクトチェックセンター」を設置 - 真偽検証して情報配信
複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
WAFルールセット「OWASP CRS」に深刻な脆弱性 - 「ModSecurity」とあわせて更新を
モジュール型WAF「ModSecurity」がアップデート - セキュリティ上の複数問題へ対処
「GMOクリック証券」を装ったフィッシングに注意
「Security Days Fall 2022」を10月にリアル開催 - 配信なし