Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

海賊版を販売した男性が逮捕 - オークションから販売サイトへ誘導

コンピュータソフトウェア著作権協会によれば、兵庫県警と甲子園署は、「格安パソコンソフト」と称して海賊版ソフトを通信販売していたフリーカメラマンの男性を、著作権法違反の疑いで逮捕した。

男性は、2004年7月から11月までの間に、兵庫県の女性ほか2名に対し、著作権者に無断で複製したビジネスソフトが記録されたCD-R合計3枚を、4500円で販売していた。

同協会の調査によれば、男性は「ヤフーオークション」の出品ページ内に「新品や登録サポートにこだわらない方はこちらから」と表記し、自分が開設した海賊版販売ホームページに誘導していた。同ページには、Windows版75種類、およびMacintosh版45種類の海賊版ソフトのリストを掲載し、通信販売を行っていたという。

(Security NEXT - 2005/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

患者撮影データ含むPCが所在不明に - 松下記念病院
フィッシングの注意喚起を装う「フィッシングメール」
「Cisco NX-OS」に6件の脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
送信先顧客リストをメールに誤添付 - NTTデータ数理システム
中学校で遠足指導中に生徒名簿を紛失 - 横浜市
クラウド設定不備による情報流出は発生せず - freee
メール送信ミスで歯科医師のメアド流出 - 科研製薬
1月のフィッシングサイト、前年同月の倍に - 6割弱が偽ECサイト
テレビ通販サイトに不正アクセス - 関西テレビ関連会社
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞、登大遊氏ら受賞