Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

恐喝事件と別経路で流出か? - ヤフーBB顧客情報

ソフトバンクBBは、同社が提供するブロードバンドサービス「Yahoo! BB」の顧客名簿とされるデータ900件が同社に持ち込まれたと発表した。同社データベースと照合したところ、2003年3月11日から2003年3月22日時点のデータベースと一部が合致したという。

持ち込まれたデータは、氏名、住所、電話番号、携帯電話番号が含まれていた。ソフトバンクBBでは、「Yahoo! JAPAN ID」などの同社固有のデータが記載されていなかったことから、現時点で同社のデータが漏洩したか不明であるとしている。

今回持ち込まれたデータの特徴から、仮に同社のデータと仮定すると、漏洩元は最大約8万6000件の営業の申し込みデータだという。同社では、部門サーバに一時的に格納されていたものではないかとしている。

同社によれば、恐喝未遂事件の際の会員情報データは警察が押収しており、また犯人により破棄されているため、同事件の二次被害の可能性は低いとしている。

(Security NEXT - 2004/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Windows向け「スマートホームスキャナー」に脆弱性 - アップデートが公開
政府、「サイバーセキュリティ戦略」を閣議決定
中国Hikvision製の防犯カメラにRCE脆弱性 - 発見者「バックドアではない」との見解
「au PAY」装うフィッシングが増加 - フィ対協が注意喚起
宛先リストに誤り、還元ギフトを異なる顧客に送信 - Looop
「JAPANSecuritySummit 2021」をオンライン開催
JIPDECとフィ対協、メーラーの「S/MIME」対応状況を調査
解析用委託データに顧客情報、URLや特定操作で混入 - 新生銀行グループ
SNDS製パブリックディスプレイに複数の深刻な脆弱性 - アップデートで修正
「問い合わせフォーム」からの「なりすまし投稿」に警戒を - 不審URLに誘導