Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

海賊版販売で無職の男3人を逮捕 - 警視庁

コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)によれば、警視庁は新宿の路上で海賊版ソフトを販売していた無職の男3人を、著作権法違反の疑いで逮捕した。

男性3人は、2004年11月、著作権者の許諾を得ずに複製したものであることを知りながら、「Adobe Photoshop 7.0 日本語版」の複製CD-Rを1枚7000円で販売。さらに「Adobe Photoshop 5.0 日本語版」、「同6.0 日本語版アップグレード」、「同7.0 日本語版」の複製CD-R1枚と「Adobe Illustrator 10 日本語版」の複製CD-R1枚を合計1万4000円で販売した。

同協会の調査によれば男性らは、海賊版ソフトのタイトルや価格を記載したチラシを配布して、販売を行っていた。チラシに記載されたソフトの標準価格の合計は、約5000万円におよぶという。また男性らは約半年前から営業を行っており、同様の販売を行っている渋谷、新橋のグループと同じグループだったとみられている。

リリース
http://www.accsjp.or.jp/news/041125.html

コンピュータソフトウェア著作権協会
http://www.accsjp.or.jp/

(Security NEXT - 2004/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

前月比1.5倍のDDoS攻撃を観測 - IIJ
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
デバイス紛失にサポートする「ビジネス端末レスキュー」 - NTTドコモ
名刺交換機能に不具合、名刺情報が流出 - 東京ビッグサイト
患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院
アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
さよなら「Adobe Flash Player」 - 年末でサポート終了
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
2020年度上半期、個情委への個人情報漏洩報告は481件
「羽生結弦カレンダー」通販サイトに不正アクセス - 詳細調査中