Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

海賊版販売で無職の男3人を逮捕 - 警視庁

コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)によれば、警視庁は新宿の路上で海賊版ソフトを販売していた無職の男3人を、著作権法違反の疑いで逮捕した。

男性3人は、2004年11月、著作権者の許諾を得ずに複製したものであることを知りながら、「Adobe Photoshop 7.0 日本語版」の複製CD-Rを1枚7000円で販売。さらに「Adobe Photoshop 5.0 日本語版」、「同6.0 日本語版アップグレード」、「同7.0 日本語版」の複製CD-R1枚と「Adobe Illustrator 10 日本語版」の複製CD-R1枚を合計1万4000円で販売した。

同協会の調査によれば男性らは、海賊版ソフトのタイトルや価格を記載したチラシを配布して、販売を行っていた。チラシに記載されたソフトの標準価格の合計は、約5000万円におよぶという。また男性らは約半年前から営業を行っており、同様の販売を行っている渋谷、新橋のグループと同じグループだったとみられている。

リリース
http://www.accsjp.or.jp/news/041125.html

コンピュータソフトウェア著作権協会
http://www.accsjp.or.jp/

(Security NEXT - 2004/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Windows向け「スマートホームスキャナー」に脆弱性 - アップデートが公開
政府、「サイバーセキュリティ戦略」を閣議決定
中国Hikvision製の防犯カメラにRCE脆弱性 - 発見者「バックドアではない」との見解
「au PAY」装うフィッシングが増加 - フィ対協が注意喚起
宛先リストに誤り、還元ギフトを異なる顧客に送信 - Looop
「JAPANSecuritySummit 2021」をオンライン開催
JIPDECとフィ対協、メーラーの「S/MIME」対応状況を調査
解析用委託データに顧客情報、URLや特定操作で混入 - 新生銀行グループ
SNDS製パブリックディスプレイに複数の深刻な脆弱性 - アップデートで修正
「問い合わせフォーム」からの「なりすまし投稿」に警戒を - 不審URLに誘導