Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ターボリナックスとトレンドマイクロがLinuxのウイルス対策で提携

ターボリナックスとトレンドマイクロは、全世界的な提携を発表した。今後両社は、Linux向けウイルス対策ソリューション普及を加速させるとしている。

ターボリナックスは、10月29日より販売開始した最新カーネル2.6搭載のサーバOS「Turbolinux 10 Server」にトレンドマイクロの「ServerProtect for Linux」の90日の体験版をバンドルする。同ソフトはプリインストール形式で、OSのインストールと同時にウイルス対策機能が利用できるという。

また、日本を皮切りに、中国、台湾、シンガポール、マレーシア、タイ、オーストラリア、ニュージーランドなどの環太平洋諸国および米国、ラテンアメリカ、インド、ヨーロッパにおいても発売する予定。

(Security NEXT - 2004/10/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NETGEAR製スイッチの管理画面にCSRFの脆弱性
県サイトに就農者の個人情報を誤掲載 - 岐阜県
都が中小企業セキュ対策であらたな支援事業 - 試験的に機器設置、インシデント対応もサポート
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価
オンラインの「サイバーセキュリティトレーニング」を提供 - 日立
案内メールに他顧客の情報、リスト作成時にミス - モリサワ
ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査
新潟ご当地グルメの通販ショップに不正アクセス
4郵便局で顧客情報含む書類の紛失が判明 - 日本郵便
カラオケアプリ開発元に不正アクセス - 会員個人情報が流出