Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本オラクル、登録会員約1265名のアドレスを誤操作で漏洩

日本オラクルは、9月1日、登録会員約1265名に配信したセミナーの案内メールにおいて、全員のアドレスが表示された状態で送信されたことを明らかにした。

同メールは、同社のソフトウェアを試用するための取組み「Collaboration SuiteTEST DRIVE」への登録会員1265名宛てに送られたもの。宛先が表示されたまま一斉送信されたため、メールアドレスが登録会員間で判別できるという事態が発生した。

原因は、担当者によるメール配信時における操作上の不注意だという。同社では、電子メール配信プロセスの周知徹底を行うなど、厳重な注意をもって改善に努めるとしている。

(Security NEXT - 2004/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SAP、6月の月例パッチを公開 - 適用優先度高い脆弱性も
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性6件がすでに悪用
OTとIT環境のトラフィックや資産を可視化する新サービス
通販顧客のメールアドレスが流出 - 入浴剤通販サイト
サーバが攻撃の踏み台に、CMS導入ファイル狙われる - 茨大工学部同窓会
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
新幹線オフィスの実証実験、画面覗き見対策や会話の保護も
「エポスカード」を装うフィッシング攻撃 - 利用確認装う手口
電子たばこ通販サイトに不正アクセス - 偽決済フォーム設置される