Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JSATとNTTコム、衛星経由でセキュリティパッチを配信

JSATとエヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズは、セキュリティパッチなどを衛星回線経由で配信する「サイバーセキュリティネットサービス(仮称)」を、2004年12月より試験的に開始すると発表した。

同サービスは、企業ユーザーを対象に、衛星回線経由でウイルス定義ファイルやセキュリティパッチを配信する。インターネット網から隔離された回線を利用するため、混雑時にも迅速な対応が行える。

2004年12月1日から2005年3月31日まで試験的に実施する予定。その後は検証結果を踏まえて、速やかに本格的なサービス提供を開始するとしている。

(Security NEXT - 2004/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

栄養士採用試験の全申込者受験票を1人に誤交付 - 大阪市
取引先の担当者情報含むファイルを誤送信 - リクルート
庁内資料を持ち出して店舗で誤廃棄、職員を処分 - 川崎市
LEDライト通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
教員アカウントに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 創価大
Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
「BIGLOBE」に見せかけ、請求メールに見せかけたフィッシング攻撃
受託事業者がメール誤送信、児童支援事業登録者のメアド流出 - 大阪府
支店で本人確認書類が所在不明に - 北海道労金
ID管理製品「Atlassian Crowd」に深刻な脆弱性