Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立情報システムズ、クライアントパソコン管理サービスを開始

日立情報システムズは、企業や公共機関で使われるパソコンの管理全般をワンストップでサポートするサービス「CLASPA」を提供開始すると発表した。

同サービスでは、クライアントパソコンを導入する際の機種選定からセットアップ、資産・ライセンス管理、情報漏洩・ウイルス対策、ヘルプデスク、保守、廃棄およびリサイクルをサポートする。

パソコンの「資産管理」と「ライセンス管理」を基本サービスとして提供し、その他サービスは拡張サービスとして、メニューの中から利用者のニーズに応じてシステムを提供する。

同社では、サービスの利用により、パソコンの維持、管理コストを従来よりも30から40%低減できるとしている。

(Security NEXT - 2004/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米政府、ソフトウェアサプライチェーン保護のガイダンスを公開
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
パスロジ、ファイル送受信用の暗号化サービス - 個人は無料
ファイル転送サービス「Kozutumi」を提供開始 - ハートビーツ
組織の決裁なしに公文書施行、職員を懲戒免職 - 群馬県
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
セキュ人材採用、日本は実務経験を重視 - キャリアパス提供は他国の半数以下
政府委託事業の旧ドメインを第三者が取得 - 偽サイトで外部誘導
「Atlassian Bitbucket」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「Zimbra」に複数の脆弱性 - 修正版をリリース