Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スパイウェアへ注意 - JPCERT/CC

JPCERT/CCは、キーボードから入力したデータを不正に取得し、外部へ転送する「スパイウェア」について注意を喚起している。

これらソフトは、「スパイウェア」や、「キーロガー」「ペストウェア」などと呼ばれ、ウイルス経由でインストールされることが多い。JPCERT/CCでは、日々新しいプログラムに置き換わっている可能性があるため、一般的なウィルス検知ソフトで検知するのは極めて困難としている。

JPCERT/CCでは、ウイルスなどの感染が確認された場合は、バックアップを取った上で、ハードディスクを初期化するよう、強く推奨している。

(Security NEXT - 2004/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Apple、「macOS」や「iOS」の脆弱性を修正 - 詳細は近日公開
複数言語向けの「HTMサニタイザ」に脆弱性 - XSSのおそれ
サプライチェーンのセキュリティ評価サービス - NRIセキュア
法人向けエンドポイント製品にサービス拒否の脆弱性 - トレンド
タピオカ通販サイト、流出クレカ情報が不正利用された可能性
スズキ海外子会社にサイバー攻撃、工場が一時操業停止
広く活用されるnpmパッケージ「UAParser.js」にマルウェア混入
脆弱性を修正した「PHP 7.4.25」がリリース
オープンソースのフォーラムソフト「Discourse」に深刻な脆弱性
三菱電機にサイバー攻撃 - 子会社複数顧客の関連データが流出