Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Winny開発者、起訴へ

ファイル交換ソフト「Winny」を開発した元東大研究員が逮捕された事件で、京都地検は起訴する方針を固めた。

著作権侵害ほう助により逮捕、起訴されるケースは今回が初めて。すでに海外では「交換ソフトウェアの開発自体は合法」との判断も下されている。今回の裁判で、違法との判決が出れば、ソフトウェア開発自体を規制する動きにも繋がるとし、国内におけるIT技術発展への足かせになるのでは、との声も上がっている。

「著作権侵害」をほう助する意図を立証できるため、起訴に踏み切ったと思われるが、現段階で逮捕された男性は、容疑を否認しており、裁判では争点になると予測される。

(Security NEXT - 2004/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「PAN-OS」に対するゼロデイ攻撃、国内被害は未確認
「PAN-OS」を狙う「Operation MidnightEclipse」 - 3月下旬より展開
Palo Alto Networksの「PAN-OS」にゼロデイ脆弱性 - パッチを準備中
サポート詐欺で患者情報含むPCが遠隔操作できる状態に - 富田林病院
イベント申込フォームで設定ミス、個人情報が閲覧可能に - 会津若松市
学校で個人情報含む入学関係書類を誤廃棄 - 横須賀市
人材育成プログラム「SecHack365」が応募受付をまもなく開始
フィッシングURLが前月比約84%増 - 使い捨てURLを悪用
【特別企画】経営戦略に資するセキュリティを学ぶ「情報システムCAMP2024」が4月18日開催
工場スマート化のリスクや対策を解説したガイドライン別冊資料