Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

卒業証明に利用する台帳が所在不明 - 横浜市の小学校

横浜市の市立小学校において、2015年度以前の卒業生台帳が所在不明になっていることがわかった。誤って廃棄した可能性が高いとしている。

同市によれば、1987年度から2015年度までに同校を卒業した児童3043人分の台帳が所在不明となっているもの。台帳には卒業した児童の氏名や当時の住所、生年月日、保護者の氏名、卒業年月日、卒業証書番号などが記載されている。

7月2日、副校長が施錠管理している書庫を確認したところ、2016年度以降の卒業生台帳しか保管されていないことが判明。全教職員で捜索を行ったが発見できなかった。調査を行ったところ、2016年度の文書廃棄の際、廃棄予定の文書のなかに卒業生台帳と思われる表紙を見かけたという証言があったという。

同校では卒業証明書の発行に対応できるよう、学籍に関する記録などを用いて卒業生記録一覧を作成するとしている。

(Security NEXT - 2020/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

介護予防事業で同意書など紛失、投函するも見当たらず - 神戸市
官報公表破産者情報の掲載サイトに停止命令 - 個情委
患者情報の印字に利用したインクリボンが所在不明 - 中電病院
県立高校で携帯電話の持込申請書が所在不明 - 岐阜県
在宅業務のためUSBメモリを持ち出し紛失 - 岡山の小学校
顧客情報約250万件含む磁気テープを紛失 - みずほ総研
患者情報含むデジタルカメラが所在不明 - 兵庫県立がんセンター
データの受け渡し過程でバックアップデータ紛失 - 豊橋市
個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市
顧客情報記載の領収証を紛失 - 四国ガス燃料