Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報含むデジタルカメラが所在不明 - 兵庫県立がんセンター

兵庫県立がんセンターは、患者に関するデータが保存されたデジタルカメラが所在不明となっていることを明らかにした。

同センターによれば、放射線治療を行った患者の写真データが保存されたデジタルカメラを紛失したもの。問題のカメラには、顔や患部、氏名、IDなど、患者最大96人分の写真データが保存されていた。

最後に電子カルテへデータを登録した6月24日14時半以降の所在がわからなくなっているもので、翌25日10時ごろ、放射線技師が見当たらないことに気づいた。

捜索したが発見できず、同センターでは盗難の可能性もあるとして警察へ盗難届を提出。デジタルカメラに写真が保存されていた可能性がある患者に対し、説明と謝罪を行ったとしている。

(Security NEXT - 2020/07/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

京大iPS研究所職員を懲戒解雇 - 機密情報持ち出しや盗撮で
取引先が置き引き被害、学生服の注文伝票など - 名鉄百貨店
保育園で園児の画像含む記憶メディアを紛失 - 吹田市
山手線車内で生徒情報など鞄ごと紛失、盗難か - 筑波大付属高
小学校で児童情報を紛失、年賀状作成で持出 - 熊本市
保育園で撮影画像含む記録メディアを紛失 - 文京区
HDD破壊後に台数確認なく、異常気付かず - ブロードリンク
委託元の2病院から従業員が患者情報を持ち出し - インテック
高校で生徒の映像が記録されたビデオカメラを紛失 - 大阪府
保育所で児童の画像含むSDカードが所在不明に - 大阪市