Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正送金、前四半期の3分の1に - 被害額は7分の1以下

被害額についても前四半期の10億5600万円から、1億3400万円へと7分の1以下に縮小した。はじめて10億円の大台を突破した前四半期から大幅に改善している。

被害はこれまでと同様に個人に集中しており、288件で1億2300万円の被害が発生している。法人における被害は2件、被害額は1100万円だった。

補償状況を見ると、同四半期に会員の金融機関が対応方針を決定した180件のうち、179件については補償対象になったという。

(Security NEXT - 2020/06/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年のフィッシング報告は約5.6万件 - 前年の2.8倍に
不正送金マルウェア - 企業狙いへシフトか
不正アクセス禁止法違反による年間検挙は816件 - 前年比1.4倍
ネットバンクの不正送金被害が激増 - 前年同期の約40倍に
2割弱の中小企業が被害経験 - 「攻撃対象となる可能性高い」6.2%
11月のネットバンク被害、7.6億円 - 過去最悪の水準
ネットバンク不正送金が3.6倍に - 個人での被害目立つ
フィッシング攻撃減少するも高水準 - 半数超が「偽Amazon」
10月は「Emotet」が急増 - 3カ月間の休止経て
ネットバンクの不正送金、9月に急増 - 2要素認証も突破か