Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中小へ専門家無償派遣でセキュ対策推進 - 継続指導に課題も

専門家へのアンケートでは、指導を通じて指導先企業の経営層でセキュリティ対策に対する意欲が向上したとの回答は86.4%。従業員については68.0%で意欲の向上が見られたという。一部では、参加が経営者のみや従業員のみで、双方に指導が行き届かなかったケースもあった。

指導の難易度については、60.5%が「低かった」と回答。一方33.4%は「高かった」としており、企業ごとに実情が異なり、4回の指導という時間の制約があるなか、取り組む課題の量が多く、優先順位付けや実情に即した対応が難しいといった声も聞かれた。

指導先企業の継続的な指導の実施が見込める割合は85.9%。一方で有償の実施が困難など、5.1%で継続指導が見込めないとの意見も聞かれた。指導した企業から、今後の支援要望があるとの回答は65.2%だった。

(Security NEXT - 2020/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年度秋期登録セキスペ合格者が発表 - 合格率19.4%
個情委、「内定辞退率予測サービス」で行政処分 - 利用企業にも指導
個情委、個人情報流出で「Amazon」に行政指導
「情報処理安全確保支援士」の新規登録1200人 - 1万9417人に
「リクナビ」問題で個人情報保護委員会に報告書 - 学生向け説明ページも
個情委、JapanTaxiに再度指導 - 4カ月間改善なく
2018年度の個人情報漏洩は4380件、8割は誤送信や紛失
マイナンバー事故、2018年度は279件 - 「重大」3件
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
若年層向け人材育成プログラム「SecHack365 2019」が始動 - 参加者募集を開始