Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

製品起因でマルウェア感染したら最高100万ドル - メンロ・セキュリティ

メンロ・セキュリティ・ジャパンは、同社製品の利用にともない、マルウェア感染が生じた際に補償を行う制度を国内に向けても開始した。

同制度は、同社クラウドプロクシプラットフォーム「Isolation Core」経由でマルウェアの感染が生じた際、損害の補償として最高100万ドル(約1億円)を支払うというもの。

ウェブサイトの実行環境を分離するアイソレーション製品のアピールを狙った取り組みで、対象条件を満たした製品を購入した新規顧客に追加料金なしで提供するとしている。

(Security NEXT - 2020/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NTT-AT、サイバー保険を付帯したセキュリティ対策ソフトを販売
ネット広告詐欺の損害を補償する保険
サイバー保険付帯の中小企業向けヘルプデスクサービス - NTTコム
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
ラック、SOCサービスに保険付帯パッケージ - 調査費用や復旧費用をカバー
NTT-ATら、CSIRT向けに会員制サービス - サイバー保険も付帯
東京海上日動、中小企業向け包括保険でサイバーリスクに対応 - 申告書不要
レノボ、テレワーク保険を付帯した「ThinkPad」シリーズを発売
東京海上日動とMS、「テレワーク保険」を開発 - 対象端末に自動付帯
チューリッヒ、IoT化進む製造業向けにサイバー保険 - 製造ライン停止による逸失利益など補償