Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT-AT、サイバー保険を付帯したセキュリティ対策ソフトを販売

NTTアドバンステクノロジ(NTT-AT)は、サイバー攻撃やシステム障害などの損害を補償する保険を付帯した「FFRI yarai」や「CWAT」を販売開始する。

20170905_na_001.jpg
保険付帯ソフトのしくみ(図:NTT-AT)

同社が販売するFFRIのセキュリティ対策ソフト「FFRI yarai」やインテリジェントウェイブの「CWAT」に三井住友海上火災保険の「サイバーセキュリティ総合補償プラン」を付帯するもの。

同社が提供する両製品にはすべて付帯されるが、条件として同社のサポートサービスと契約している必要がある。

付帯される保険では、これら製品に関連する情報管理に起因した事故が生じた際、第三者に対する損害賠償や事故対応費用などを補償する。

(Security NEXT - 2017/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

eスポーツ主催者向けに保険、サイバー攻撃にも対応 - 東京海上日動
TMI P&Sと東京海上日動、サイバーリスク保険分野で提携
サイバー保険付帯した新規開業税理士向け業務ソフト - エプソン
MS&ADとベライゾン、中小企業向けにリスク診断サービス
損ジャと日立ソ、IoTセキュリティ分野で協業
テレワークリスク向けに保険パッケージ - 三井住友海上ら
感染時即時対応サービスを付帯した「Cylance」を提供 - 日立ソ
ネット広告詐欺の損害を補償する保険
サイバー保険付帯の中小企業向けヘルプデスクサービス - NTTコム
AIG損保、米本社開発のサイバーリスク評価サービス - 保険料には影響せず