Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイバー保険付帯の中小企業向けヘルプデスクサービス - NTTコム

NTTコミュニケーションズは、同社サービス利用者向けにサイバー保険を付帯した「セキュリティサポートデスク」を提供開始した。

同サービスは、同社が提供するUTMやエンドポイント対策サービスの利用向けに、ヘルプデスクと損害保険を提供するもの。

平時におけるセキュリティ関連の相談に応じるほか、インシデント発生時の対処を支援。他利用者と匿名で情報交換できるオンラインコミュニティを提供する。

また東京海上日動火災保険の損害保険が付帯。不正アクセスを受けたおそれが生じた場合に、攻撃の有無を調べる実態調査や相談費用など1000万円を限度に補償。また情報漏洩が生じ、損害賠償責任が生じた場合に最大2000万円まで支払う。

料金は、月額8万6400円。別途セキュリティサービスの契約が必要。オプションサービスとして、セキュリティ設定の代行や、ログの相関分析、月次レポートの提供にも対応する。

(Security NEXT - 2019/07/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NECの複数ルータ製品に脆弱性 - アップデートがリリース
メール誤送信でファンクラブ会員のメアド流出 - 奈良クラブ
問合返信メールに個人情報を誤添付 - FX事業者
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
2020年4Qの脆弱性届け出は303件 - ソフト、サイトともに増
キャンペーン登録者の個人情報が閲覧できる状態に - カゴメ
従業員が顧客情報を悪用、カードローンに申込 - DeNA
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII