Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイバー保険付帯の中小企業向けヘルプデスクサービス - NTTコム

NTTコミュニケーションズは、同社サービス利用者向けにサイバー保険を付帯した「セキュリティサポートデスク」を提供開始した。

同サービスは、同社が提供するUTMやエンドポイント対策サービスの利用向けに、ヘルプデスクと損害保険を提供するもの。

平時におけるセキュリティ関連の相談に応じるほか、インシデント発生時の対処を支援。他利用者と匿名で情報交換できるオンラインコミュニティを提供する。

また東京海上日動火災保険の損害保険が付帯。不正アクセスを受けたおそれが生じた場合に、攻撃の有無を調べる実態調査や相談費用など1000万円を限度に補償。また情報漏洩が生じ、損害賠償責任が生じた場合に最大2000万円まで支払う。

料金は、月額8万6400円。別途セキュリティサービスの契約が必要。オプションサービスとして、セキュリティ設定の代行や、ログの相関分析、月次レポートの提供にも対応する。

(Security NEXT - 2019/07/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メルマガにほかの受信者の氏名を表示 - 人材派遣会社
個人情報含む調査関係の名簿原本をコピー機に置き忘れ - 山口県
様式ファイルに新型コロナの患者情報、消去不十分で - 宮城県
「Apache Tomcat」に脆弱性 - 2月までの更新で修正済み
SonicWallのVPN製品に複数の脆弱性 - アップデートが公開
米政府、「CVE-2022-26925」を緊急対応リストから一時削除 - DCへの影響で
メール誤送信で委託先担当者のメアド流出 - 東京都
かんぽ生命を装う偽メールやSMSに注意
「Apache Tomcat」のクラスタリング運用に注意 - 必要に応じて対策を
「EC-CUBE」向けプラグイン「簡単ブログ for EC-CUBE4」に脆弱性