Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2020年度の若年層向けセキュ啓発コンクールを開催 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、セキュリティ啓発を目的とした若年層向けイベント「ひろげよう情報モラル・セキュリティコンクール2020」の作品募集を6月1日より開始する。

同コンクールは、セキュリティの啓発や情報モラルの向上を目的に、小中高生からセキュリティや情報モラルの大切さをテーマとした作品を募集するもの。2006年から実施しており、今回で第16回目を迎える。

募集する作品は、「標語」「ポスター」「4コマ漫画」のほか、小学生については「書写」も対象。同コンクールの作品づくりを通して、セキュリティや情報モラルの取り組みを実施している学校を対象とした「活動事例」もあわせて募集する。

作品の募集期間は6月1日から9月18日までで、学校単位での応募となる。応募作品の著作権や知的財産権、二次使用の権限は無期限で同機構に帰属することになる。コンクールの詳細は同機構のウェブサイトから。

(Security NEXT - 2020/05/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NICT、サイバー防御演習の教材を期間限定で無償提供
新ビジネスモデルを個人情報保護の観点から相談できる窓口
マンガでセキュ啓発、プロジェクト始動 - JNSA
「BEC」に見えた内通者の影 - なりすまされる「リスク」も
セキュリティ啓発動画コンテストの結果を発表 - トレンド
ほぼ15秒のセキュリティ啓発アニメ5作品を公開 - IPA
4社に1社、パッチ適用頻度は数カ月に1度
警察庁と「秘密結社 鷹の爪」がコラボ - 啓発動画を公開中
クレジットカードのIC化率、3月末に99.5%
セキュリティ分野の「総務大臣奨励賞」が決定