Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

非公開とすべき個人情報含む行政文書を誤公開 - 新潟県

新潟県は、行政文書の公開請求に対して、非公開とすべき個人情報を誤って公開したことを明らかにした。

行政文書の公開請求として食品営業や旅館の営業許可台帳を公開した際、非公開とすべき情報を誤って提供したという。

4月24日に長岡地域振興局および南魚沼地域振興局の健康福祉環境部において問題が判明。過去5年分の文書について調べたところ、個人事業者の自宅住所や電話番号など16人分の個人情報を誤って公開していたことがわかった。

同県では、関連者へ謝罪するとともに、行政文書公開請求者に対して誤って提供したデータの削除を依頼する。また両局以外の健康福祉環境部における過去5年分の情報公開データについても確認を進める。

(Security NEXT - 2020/05/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

非公開処理のミスでパブコメ提出者の個人情報が漏洩 - 文科省
請求受けて公開した行政文書に個人情報 - 新潟県立看護大
大阪市水道局、個人情報5564件を紛失 - 事務処理マニュアルの不備で誤廃棄か
業務用USBメモリの紛失を公表、一部に個人情報 - 島根県
のべ4100人分の「認可保育所申込者一覧」を誤廃棄 - 杉並区
情報公開した公文書リストに個人情報 - 堺市
公文書公開時に個人情報含む事務処理用リストを誤って提供 - 福岡市