Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ビデオ会議システムやルータへの脆弱性攻撃を国内で観測 - 警察庁

ビデオ会議などの機能を提供するGrandstream Networks製のIP-PBXやDrayTek製ルータに深刻な脆弱性が見つかった問題で、実際に悪用しようと試みるアクセスが国内で観測されている。

Grandstreamの「UCM6200シリーズ」では、認証を必要とすることなく、root権限でコマンドの実行が可能となるSQLインジェクションの脆弱性「CVE-2020-5722」など複数の脆弱性が判明し、すでに「実証コード(PoC)」が公開されている。

警察庁によれば、同庁が設置するセンサーにおいて、3月30日ごろより同脆弱性を悪用したアクセスの増加を観測。機器へバックドアをダウンロードさせる攻撃だったという。

攻撃元のIPアドレスを調べたところ、ルータのログイン画面が表示される状態で、すでに乗っ取られた機器が踏み台として悪用されたものと見られる。

20200430_np_001.jpg
脆弱性「CVE-2020-5722」の悪用を試みたアクセスの推移(グラフ:警察庁)

(Security NEXT - 2020/04/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Ciscoの複数ネットワーク管理製品に深刻な脆弱性 - 認証回避や遠隔操作のおそれ
IoT機器で広く採用される「Treck TCP/IP Stack」に深刻な脆弱性
横河電機の制御システム向けアラーム管理ソフトに複数脆弱性
「SKYSEA Client View」に脆弱性 - 緊急対応を
セキュアブート回避の脆弱性「BootHole」が判明 - LinuxやWindowsに影響
「BIG-IP」脆弱性問題でF5が侵害の調査方法を公開 - 米政府も注意喚起
Cisco ASAに脆弱性、悪用も確認 - 早急に更新を
トヨタ自動車の故障診断ツールに脆弱性 - ECU間の通信に判明
「Firefox 79」がリリース - 脆弱性10件を修正
「Magento」に深刻な脆弱性 - 定例外アップデートが公開