Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ビデオ会議システムやルータへの脆弱性攻撃を国内で観測 - 警察庁

さらに同庁ではファイアウォールやVPN機能などを備えたDrayTek製ルータ「Vigorシリーズ」の脆弱性「CVE-2020-8515」を悪用した攻撃も確認している。

3月30日にPoCが公開され、翌31日には脆弱性を悪用した攻撃が開始された。同庁が攻撃元IPアドレスを調査したところ、IP-PBXのログイン画面が確認されたという。

またインド製のGPONルータの脆弱性を狙って「Mirai」亜種の感染を試みるアクセスや、台湾製NASなどを狙った攻撃なども観測。IoT機器を踏み台として、別のIoT機器を侵害する攻撃の連鎖が生じている。

同庁は、インターネットへ接続する機器において、初期設定パスワードを安全なパスワードへ変更したり、適切にアクセス制限などを行うよう注意を喚起。

製造元の脆弱性情報を確認し、必要に応じてファームウェアのアップデートなどを実施するよう呼びかけるとともに、ベンダーによるサポートが終了した機器については、サポートが提供されている機器へ置き換えるよう求めている。

20200430_np_002.jpg
脆弱性「CVE-2020-8515」の悪用を試みたアクセスの推移(グラフ:警察庁)

(Security NEXT - 2020/04/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Chrome」にアップデート、ゼロデイ脆弱性を修正
「Firefox 89.0.1」が公開 - 脆弱性1件を修正
続くVPN機器への攻撃 - 「修正済み」のつもりが無防備だったケースも
「EC-CUBE 3.0」向け複数プラグインに脆弱性 - 一部はすでに悪用も
「AED」などの医療機器のリモート管理ソフトに深刻な脆弱性 - 米政府が注意喚起
Apple、「iOS 12.5.4」をリリース - 悪用報告ある脆弱性2件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
WordPress向けカートプラグインにXSSの脆弱性
「Apache httpd 2.4.48」がリリース - 脆弱性8件を修正
ウェブアプリや周辺インフラにも対応する脆弱性診断サービス