Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「MS Edge 124」がリリース、脆弱性17件を修正

マイクロソフトは現地時間4月18日、同社ブラウザの最新版となる「Microsoft Edge 124」をリリースした。

ベースとなる「Chromium 124.0.6367.61」「同124.0.6367.60」がリリースされたことを受け、これらバージョンをベースとする「Microsoft Edge 124.0.2478.51」をリリースしたもの。

「Chromium 124.0.6367.61」では、CVEベースで14件の脆弱性が修正されており、これらを反映したほか、「Microsoft Edge」独自に3件の修正を行っている。

具体的には、機密情報が漏洩するおそれがある「CVE-2024-29987」「CVE-2024-29986」を解消したほか、セキュリティ機能をバイパスされるおそれがある「CVE-2024-29991」に対処した。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは、それぞれ「6.5」「5.4」「5.0」と評価されている。重要度については、悪用するために必要となる前提条件が多いとして4段階中もっとも低い「注意(Low)」とした。

いずれも脆弱性の悪用や公開は確認されていない。「CVE-2024-29986」については「Microsoft Edge for Android」のみ影響を受けるという。今回のアップデートで修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2024-3832
CVE-2024-3833
CVE-2024-3834
CVE-2024-3837
CVE-2024-3838
CVE-2024-3839
CVE-2024-3840
CVE-2024-3841
CVE-2024-3843
CVE-2024-3844
CVE-2024-3845
CVE-2024-3846
CVE-2024-3847
CVE-2024-3914
CVE-2024-29986
CVE-2024-29987
CVE-2024-29991

(Security NEXT - 2024/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ゲームイベントサイトに攻撃、出展者の掲載画像が消失
アンティーク雑貨通販サイトに不正アクセス - ジョイフル本田
ランサムウェア「Black Basta」に注意 - 500超の組織で被害、医療機関も
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
「Cisco Crosswork NSO」など複数製品の脆弱性に対応 - Cisco
中学校で災害共済給付制度の同意書が所在不明に - さいたま市
アプリに個人情報が表示、システム不具合で - 愛知県内CATV局
みそ通販サイトの侵害、ログイン用PWも流出した可能性