Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

HashiCorpのGo言語向けライブラリ「go-getter」に脆弱性

HashiCorpがGo言語向けに提供するライブラリ「go-getter」に脆弱性が明らかとなった。脆弱性を修正するアップデートがリリースされている。

同ライブラリは、HTTPやファイルパス、Gitを指定することでデータをダウンロードできるライブラリ。リモートブランチを検出するために「Git」による操作を行う際、引数を不正に操作されるおそれがある脆弱性「CVE-2024-3817」が判明した。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「9.8」、重要度は「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

同社は脆弱性やバグを修正した「同1.7.4」をリリースしており、利用者にアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2024/04/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Ivanti」の5製品に脆弱性 - 修正パッチがリリース
ATMの取引情報を記録した光ディスクを誤廃棄 - 北星信金
NAS向けにアップデートを公開、脆弱性5件を修正 - QNAP
公文書閲覧システムに個人情報など不開示情報を誤掲載 - 埼玉県
ランサムウェア被害でシステム障害が発生 - 岡山県精神科医療センター
マルウェア「Kinsing」、脆弱な「Apache Tomcat」サーバを攻撃の標的に
Cisco、アドバイザリ6件を公開 - 「Firepower 」などの脆弱性を修正
PBXサーバ「Asterisk」に脆弱性 - 不正通話のおそれ
QNAP、アドバイザリ4件を公開 - 「QTS」の深刻な脆弱性など解消
GitLab、アップデートを公開 - 脆弱性7件を修正