Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

県立病院や高校における個人情報の処理ミスを公表 - 新潟県

新潟県は、県立中央病院や県立高校において発生した個人情報関連の事故を公表した。

県立高校のケースでは、給付金の支払い手続きにおいて確認が不十分で、対象ではない別の生徒の保護者へ通知書を発送、給付金を支払うミスがあった。

4月23日、通知書を受け取った保護者から連絡があり判明。同校では謝罪するとともに、本来の受取人である保護者にあらためて支払い手続きを行った。

また4月22日17時半ごろ、県立中央病院の救急会計窓口で、外来診療費領収書と診療明細書を、別の患者に交付するミスがあった。

窓口で患者を呼んだところ、別の患者が取りにきたが、本人確認を十分行わずそのまま渡してしまったという。領収書には患者の氏名、住所、生年月日、IDが記載されていた。

(Security NEXT - 2020/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

愛知県、新型コロ患者情報の誤掲載で賠償金 - 1人あたり最大4万円
不正アクセスで個人情報流出か - 経団連事業サービス
関係ない個人情報含む表計算ファイルを送信 - つくば市
返却報告書類を別人宅に届ける事故 - 大阪市
新型コロナ宿泊療養施設で他療養者の健康保険証が閲覧可能に
「NarSuS」利用者情報約6万件の流出確認 - アイ・オー・データ
添付ファイルでマルウェア感染、個人情報流出 - 日経
「おそ松さん」特設通販サイトで不具合 - 他会員情報表示
テレワーク目的で個人情報保存したUSBメモリを紛失 - 大阪府立高校
バッグを売却した顧客氏名など流出 - バリュエンス