Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブ実行環境を分離するクラウドサービス - プルーフポイント

日本プルーフポイントは、2種類のクラウド型ウェブアイソレーションサービスを提供開始した。

「Proofpoint Browser Isolation」は、ウェブコンテンツの実行環境をクラウド上のコンテナに用意し、閲覧環境と分離するソリューション。ウェブメールの閲覧環境を分離する「Proofpoint Email Isolation」も用意している。

両製品は、同社のクラウド型サンドボックス「Proofpoint Targeted Attack Protection(TAP)」との連携が可能。コンテンツに対する評価によっては分離を行わないといった運用に対応。

さらに攻撃を受ける頻度が高い場合や、URLをクリックしやすいユーザー、重要な情報へアクセス権限があるユーザーなどに限定して分離することも可能だという。

(Security NEXT - 2020/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ブラウザの実行環境を分離するソリューション - NEC
製品起因でマルウェア感染したら最高100万ドル - メンロ・セキュリティ
複数OSで利用環境分離する「Hysolate」 - アズジェント
ネット分離環境でファイルを受け渡しする製品 - ソリトン
ブラウザ分離技術のLight Point Securityを買収 - McAfee
ウェブ閲覧環境分離するアイソレーションサービスを開始 - インテック
ウェブフィルタリングソフトにアイソレーション機能 - ALSI
A10ら、ビジネス版LINEの私的利用を防ぐソリューション
「Active! zone」にサンドボックスオプション - PW付きファイルにも対応
次期バージョン「OpenSSL 3.0.0」の設計概要が公開