Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「新型コロナ検査費用を肩代わり」とだますフィッシング

厚生労働省は、新型コロナウイルスの感染拡大に便乗し、同省を装ったフィッシング詐欺の相談が寄せられているとして、注意喚起を行った。

同省によれば、費用を肩代わりするので新型コロナウイルスの検査を受けるよう求め、個人情報を聞き出す行為などが確認されているという。

同省からそのような連絡をすることはないとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/03/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

組織内に新型コロナ感染者や濃厚接触者、情報提供時の注意点は?
新型コロナ対策での個人データ活用、例外規定適用に言及 - 個情委
新型コロナ影響で入学式中止、通知メールで送信ミス - 創価大
サイバーセキュリティクラウド、東証マザーズへ上場
「ダイヤモンド・プリンセス」運営会社から情報流出 - 2019年中ごろに発生
IPA、春期登録セキスペ試験など中止 - 新型コロナ影響で
香川県のサイトが一時閲覧不能に - DDoS攻撃か
国家関与のサイバー攻撃、新型コロナ問題に便乗 - 中国のグループも
「Interop Tokyo」がオンラインイベント開催 - アワード発表も
VPN製品の既知脆弱性に注意 - フィッシングにも警戒を