Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

偽楽天メールに注意、複数種類の件名や文面で出回る

「楽天」を装うフィッシング攻撃が発生しているとして、フィッシング対策協議会が注意を呼びかけた。攻撃には複数の文面やURLが用いられている。

同社を名乗る複数のフィッシング攻撃が確認されたもの。第三者によって不正ログインされ、パスワードをリセットしたなどとして、本文のリンクよりフィッシングサイトへ誘導する手口が確認されている。

さらにアカウント情報が更新できず、個人情報を確認する必要があるなどとだますケースなど、複数の文面が用いられており、本文内のリンクより偽サイトへ誘導。アカウント情報をはじめとする個人情報をだまし取ろうとしていた。

フィッシングメールの件名は、「【楽天市場】お支払い方法を更新してください(自動配信メール)」「【重要】楽天株式会社アカウントの 情報を確認する必要があります」「[楽天]ログインしましたか?」など複数のバリエーションが確認されており、誘導先のURLとして、少なくとも7種類が利用されたことが判明している。

2月28日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、閉鎖に向けて同協議会ではJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。引き続き類似した攻撃に注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/03/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Pokemon GO」利用者狙うフィッシング - 偽領収書で不安煽る
「BEC」に見えた内通者の影 - なりすまされる「リスク」も
「PayPay」装うフィッシング - 電子署名説明URLでも偽サイト誘導
国家関与のサイバー攻撃、新型コロナ問題に便乗 - 中国のグループも
VPN製品の既知脆弱性に注意 - フィッシングにも警戒を
シニアの25%がフィッシングに遭遇 - 4割強が相談相手いない
「カードが第三者に利用されるおそれ」と不安煽るフィッシング
正規と同スレッドに表示される偽SMS - SBが注意喚起
三菱東京UFJ銀装うフィッシング攻撃が断続的に発生中 - 「個人情報漏洩事件が起こった」と不安煽る
アンケート回答で「iPhone Xプレゼント」とだます「偽日本郵便」に注意を