Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

【追記あり】人材育成プログラム「SecHack365」 - 3月に成果発表会

情報通信研究機構(NICT)は、セキュリティ分野の研究者や起業家を目指す若年層を対象とした人材育成プログラム「SecHack365 2019」の成果発表会を、3月6日に都内で開催する。

同プログラムは、人材の創出に向けて若年層を対象にセキュリティ関連技術の研究、開発、実験、発表を1年間継続し、モノづくりをする機会を提供する長期ハッカソン。25歳以下の学生や社会人を対象に2017年度より実施している。

2019年5月よりスタートし、1年かけて同プログラム参加者が取り組んだ2019年度のプロジェクトや作品を発表する成果発表会を開催するもの。

ポスターやデモによる展示エリアでは、参加者自らが作品について説明。実際に体験できるワークショップエリアなども用意する。また優秀作品については、プレゼンテーションを実施する。

会場は秋葉原のアキバ・スクエア。参加費は無料だが、事前の登録が必要。詳細や事前登録はイベントの案内ページから。

編集部追記:記事掲載後、同イベントの中止が発表されている。関連記事はこちらから。

(Security NEXT - 2020/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Interop Tokyo 2017」が開催中 - セキュリティ関連ブースをチェック
「SecHack365 2019」成果発表会を延期 - 新型コロナ影響
2019年の攻撃パケット、約半数がIoTを標的に - 調査目的も増加
「情報セキュリティ文化賞」受賞者6名を発表 - 情セ大
脆弱IoT機器823件へあらたに注意喚起 - NOTICE
ログイン可能なIoT機器、半年でのべ505件に注意喚起 - NOTICE調査
実践サイバー演習「CYDER」が追加開催 - NICT
JNSA、「IoT/AIセキュリティセミナー」を開催
2019年上半期の攻撃パケット、IPアドレスあたり約48万件
ログイン可能機器、約9000万IPアドレスで147件 - 「NOTICE」調査結果