Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本郵便に不正アクセス - 約4000件の不正メール

日本郵便は、メールアカウントが不正アクセスを受け、不正にメールが送信されたことを明らかにした。

同社によれば、同社のメールアカウントが不正アクセスを受け、2月6日から翌7日にかけて、同社が保有するドメイン「@jp-international.jp」から約4000件のメールが送信されたという。

同社では問題判明後、対象アカウントのパスワードを変更、外部との接続を遮断した。攻撃手法や原因、被害の詳細については調査中としている。

(Security NEXT - 2020/02/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

海外グループ会社メルアカに不正アクセス - 古野電気
ファッション通販サイトへの不正アクセス、流出件数修正
メアドが不正使用、不特定多数に迷惑メールが送信 - 横浜中華街発展会協同組合
コインチェックのドメイン管理に不正アクセス - 改ざんで顧客メール窃取か
サイトの「問い合わせフォーム」を悪用する攻撃に警戒を
ウェブサイトがスパムの踏み台被害 - 船橋市
「Elasticsearch」を活用したテレワーク端末の可視化ソリューション
メールサーバで設定ミス、スパムを中継 - 山口県産業技術センター
アカウントが乗っ取り被害、フィッシング踏み台に - マウスコンピューター
不正アクセスでスパム踏み台に - 三芳町社会福祉協議会